TT-newlogo3NewOL.jpgTT-newlogo3NewOL.jpg

神戸の写真専門ギャラリー、TANTOTEMPOの公式ウェブサイトです

Last Update on 2014-12-13 |

HOME > PAST EXHIBITION > 2012 > ASPHALT 2012

ASPHALT / Photography on ASPHALT

asph1.jpgasph2.jpg

2012年2月11日(土) - 3月4日(日)

モノクロームの非常に強いコントラストの写真を連ねて自費出版写真誌を制作する編集長長谷川明氏をはじめとする写真雑誌ASPHALTの写真家たち。レギュラー写真家に加えて毎号ゲスト写真家を迎え、10号までの限定の予定で発刊している写真誌は、この秋で8号を数えるに至った。この写真誌にはつねにたった一つの強いコンセプトが貫かれている。それは本来の写真がもっとも強みを発揮するコンセプト、すなわち写真の記録性、ドキュメント性、即時性に寄り添い、装飾やアート性を徹底的に排除するという制作姿勢だ。よってこの写真誌はテキストのフォントから版組、構成に至るまでほとんど修飾らしい修飾を受けずただ強く、硬く、尖っているように見える。それが軽薄になりつつある「写真」の現在には、特別美しく意味のあるものとして描かれているのである。
TANTOTEMPOでは、ASPHALT誌の誕生から現在に至るまでの、またこれからのASPHALT誌の行く末を見ることができるよう、日本で初めての大規模ASPHALT展を開催し、大変好評を博した。

参加写真家

広田成太  :2号掲載「異国の祖国」3点
桜井永治  :3号掲載「開墾の地 北海道 1971 - 1977」3点
梁丞佑   :4号掲載「青春吉日」3点
唐仁原信一郎:4号掲載「OFF LIMITS YOKOSUKA」3点
木格(MUGE) :5号掲載「回家」3点
飯島望美  :6号掲載「養豚団地に育って」3点
藤原敦   :7号掲載「詩人の島」3点
小林信子  :7号掲載「隣の暮らし in China」3点
須藤明子  :8号掲載「チベット」3点
中藤毅彦  :7号掲載「サハリン」1点
服部雅人  :4号掲載「道行き」1点

ASPHALT / PHOTOGRAPHY on ASPHALT11 Feb - 4 March 2012Photgraphers / Atsushi Fujiwara / Mu Ge / Shinichiro ToujinbaraEiji Sakurai / Yang Seungwoo / Nozomi IijimaAkiko Sudo / Seita Hirota / Nobuko KobayashiMasato Hattori / Takehiko Nakafuji

2012年3月3日午後4時

ASPHALTとは?なぜ10号で終わってしまうのか?写真とは?
ASPHALT参加写真家が登場するトークショーを開催します。参加写真家、また編集長長谷川明氏ほか多数参加。