GALLERY TANTO TEMPO | Photo Book
Photography Gallery Based in Kobe JAPAN
photography gallery, gallery, tantotempo, tanto tempo, TANTO TEMPO, Kobe, Japan, Rokko International Photo Festival, UTAKATADO, Photo Book, Photo Book publishing,
200
archive,category,category-photo-book,category-200,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

Photo Book

TANTO TEMO Days

utakatado+shashashaイベント詳細

概要

写真表現をめぐる現代の発表手段は、写真展にとどまらず、写真集、個人のウェブサイト、SNSやよりリッチなメディアにシフトしつつあり、めまぐるしく変化しています。その中でも現在もっとも注目を集めているのは写真集です。この度Gallery TANTO TEMPOでは、うたかた堂に関連する写真作品、写真集を特集した初の展覧会を開催します。うたかた堂は2011年に神戸に設立された写真集リトルプレスです。これまで15冊の写真集・Zineを出版してきました。この中から10名の写真家を特集し写真作品を展示するほか、写真集を販売します。また、この展覧会では、国内やアジアを中心とした写真集を主に取り扱うshashashaのポップアップストアを実施します。shashasha pop-up storeでは、日本とアジアの写真集、絶版から最新の写真集を特集し、Gallery TANTO TEMPOにて写真集の展示販売を行います。

写真展期間:2016年7月2日(土)より31日(日) 月・火・祝休廊

写真展参加写真家:Patrick Taberna David Schalliol Francine Fleischer 阿部萌子 徳平尚彦 横島精二 竹本英樹 大口勝弘 菅武志 今井宏(以上うたかた堂)

山内道雄(以上shashasha)

Pop-up Store : shashashaより約100冊

 

うたかた堂作家トークショー with David Schalliol

7月2日(土)PM5

アメリカからDavid Schalliolが来日し、他の参加者と共に最近のみなさんの写真作品の動向について、ギャラリーディレクターとともに話し合います。

写真のうつろい/shashasha大西洋トークショー

7月30日(土)PM5

shashashaの大西代表を招いて、写真集出版希望者に対して国内アジアの写真集の現状についてトークショー・レビューを開催します。

写真集レビュー・編集会

7月2日(土)および30日(土)PM2

写真集出版を希望する写真家に対してレビューイベントを開催するほか、六甲山国際写真祭の予選通過者に対して準備イベントを開催します。この写真集出版は、毎年春に開催していたキャンペーンを、今年は秋に開催するもので、一般的な写真集出版にくらべて大変安価に写真集を出版することができるものです。今回はshashashaの大西洋さんとの共同レビューを行い、写真集出版の可能性を検討するほか、簡易編集まで行います。募集人員:4-5名(作品を事前にお送りいただき選考します)

お問い合わせ・お申し込み:info@tantotempo.jpにメールでお願いいたします。

7月はうたかた堂+SHASHASHA POP-UP STORE開催します

Gallery TANTO TEMPOの7月展示は表題のうたかた堂関連の展覧会・イベントとshashasha pop-up storeを開催します。

うたかた堂でこれまで出版してきた作家のグループ展を開催。さらに、写真集を制作する写真集レビュー・編集会をshashashaの大西洋氏を迎えて実施します。このレビューは9月から11月にかけてうたかた堂で実際に出版する写真集を募集するもので、毎年春に募集していた写真集を安価に出版するプロジェクトを秋に実施します。shashashaの大西さんもこの秋からshashashaが世界展開をするのに合わせ写真集制作にもとりかかることになっていて、このイベントから、また六甲山国際写真祭のレビューから新しい写真集を制作する可能性があるとのことです。

shashasha pop-up storeでは、国内やアジアの強力な写真集を販売するほか、世界中の写真集100冊以上をお求めやすい価格にてご提供する予定です。

また、この期間に合わせてうたかた堂で写真集を出版したDavid Schalliolが来日し、写真集について、また近況の報告をしてくれることになっています。

お楽しみに。

写真展参加写真家

  • Patrick Taberna
  • Francine Fleischer
  • David Schalliol
  • 竹本英樹
  • 徳平尚彦
  • 大口勝弘
  • 阿部萌子
  • 横島清二
  • 山内道雄(shashasha)

 

 

 

香港フォトブックフェアに参加しました

3月23日から25日の3日間、香港フォトブックフェアに参加してきました。

 

うたかた堂としては初の海外フェア参加でしたが、僕としてはGallery TANTO TEMPOに参加されている写真家支援、そして六甲山国際写真祭の作家や写真プロフェッショナル探しという目的も兼ねての参加となりました。

 

世界最高峰の現代アートフェアであるART BASELの開催期間と重ねてのイベント。今年が2年目の若いイベントでしたが、写真に関連する国内、海外の、特に写真集に特化したフェアであったこともあり、僕個人としては面白いつながりができ、楽しく過ごすことができたと思います。国内のアートブック、写真集の販売が海外での売り上げに比べると難しい印象を持っていたのですが、フェアに参加する意味をポジティブに考えるなら、やはり海外のマーケットに対してどのように訴えかけていくのかというのはとても大切なアプローチだと感じました。特に、うたかた堂のような、コンテンツ自体が「有名か無名かは問わない」「装丁などに奇をてらった制作をしない」グラスルーツな出版社が参加することにどのような評価が得られるのか、というのは個人的にもっとも興味があったポイントでしたが、それはある意味で期待を裏切られた結果となりました。世界を照準に著名写真家の写真集コンテンツをそろえる強い出版社を横目に、僕たちは質素ではあるけれど独自の視点で社会を捉えてのコンテンツを提示するわけですが、それはそれでマーケットの反応は確かにあったと思います。昨年参加していないので単純には書けませんが、写真集に限っても参加費、渡航滞在費程度は出る結果となっているようで、一応安堵する結果となりました。さらに、わざわざ香港まで参加した作家のプリントがNYのコレクターに売れたことも大きな収穫でした。

 

六甲山国際写真祭の宣伝、アーティスト探し、写真専門家探しはいつものように順調でした。中国本土、香港、台湾の出版社たちとは積極的にコミュニケーションをとり、おそらく8月の写真祭にその中の作家やディレクターたちを招くことができると思います。僕としてはかれらの持っている写真家につながり、彼らとしては日本の写真家とつながりたいというギブアンドテイクが成り立つのは、こういうイベントだからこそ。そうやって彼らとつながりを作っていくことが、六甲山国際写真祭などの役割であることは間違いありません。

 

たとえば、ある出版社の参加者たちと夕食を食べていた時、そのテーブルの隣にたまたま座って夕食を食べていた方がART BASELの出展者だったりして、ひょっとするとこちらの参加者のなかの作家のひとりが将来ART BASELに出展することになるかもしれない。そのような状況が生まれるのはまさにこういうイベントを介してであることは間違いないのです。アート産業というのは良くも悪くもパワーの産物であり、そのパワーは基本的には西洋資本が握っています。草の根アートが地べたから這い上がるのに適切なステップなどは国内にはなく、あってもその影響力はまだ微弱です。要するに、どうにかして国内で目立ちながら、パワーの源を探し当てて接触するしか方法はないのです。六甲山国際写真祭のような写真祭でも、レビュワーたちがパワーの足元には通じているわけで、それこそが写真への参加の質を左右する大きな要素となりえます。つまり、写真で優れた活動を展開したいと考えている作家たち、自分の作品がどのように評価されるのかを知りたい作家たちは、おのず海外のフェアやイベントに繰り出して自らの努力でパワーと繋がっていく必要があるのです。野望がありながら国内にとどまっていては、そもそもパワーを意識して作品を作っている人たちに何周も置き去りにされてしまうでしょう。

 

そういうことを考えながら3日間の日程を終えて帰国しました。

 

 

EINSTEIN ROMANCE – 所幸則写真展 2月6日より開催します

表題の写真展を2月6日より開催します。

 

この写真展は写真家・所幸則氏の最新作、EINSTEIN ROMANCEが全国に巡回する関西初の個展となります。

すでにご存知のように、このシリーズはアサヒカメラの最新号の鉄道写真特集に取り上げられるなど、アート写真でありながらさまざまな視点から評価をうけています。シンプルな仕組みながら、非常に美しいシリーズです。

作品はA3サイズの小さな作品から、横170cmを超える大きな額装作品も展示します。

お楽しみに。

“du Portugal, frôlement” Patrick Taberna写真展のご案内

写真家にとって写真を撮ることとは何か。何が写真家をそこに向かわせるのか。

これは写真家にとって最大のテーマかもしれません。

このシリーズは、Patrick Tabernaのその後の独特の写真づくりの原型が随所に見てとれる極めて美しいモノクロームのシリーズです。彼がまだ30代のころ、旅を通じてその感受性の発芽をみながら独特の写真表現を獲得してきたことが写真の中に鮮やかに描かれています。映画やテキストに触発されて訪れた街。そこで見かけた風景。1995年のポルトガルは彼にとって写真家として生きていくことを決意した思い出の場所なのです。みずみずしい感覚が隅々まで行きわたるパトリック・タベルナのポルトガルシリーズをぜひご覧ください。

UTAKATADO Publishingでは、本作をまとめた新作写真集を発表いたします。

2015年9月20日(日)午後4時から作家のトークショー、サイン会およびレセプションを開催します。(参加費¥1,000)

 

同時開催

パトリック・タベルナ写真展 「Nos Italies」
2015年9月4日(金) – 9月26日(土)
=========================
Nos Italies

南イタリア、2000年2月。ナポリの入り江からアマルフィ海岸へ、
ふたりにとって最後の、ふたりだけの旅。
もうじき赤ん坊が生まれるというのに尚、現実の中の日常を遠く離れ感じる脱出の味、その感覚を失いたくないと願う。でもそれは果たして可能なのであろうか。
これから構築していく、まだ見ぬ私たちの人生…。
ナポリからカプリへ、ポジターノから灰に埋もれた都市ポンペイへ。
過去の痕跡と、今ここにある幸せ、そして知り得ぬ未来とが奏でるバラード。
“Nos italies”、それは人生の一つの岸辺から、また新たな岸辺への旅。

Patrick Taberna
=========================

【会 期】
2015年9月4日(金) – 9月26日(土)  11:00 – 19:00
日曜・月曜・祝日 休廊
※ご不便をおかけしますが、9月20日(日) – 23(水)は連休となります。

【会 場】
ギャラリー冬青
東京都中区中央5-18-20
TEL: 03-3380-7123

【イベント】
パトリック・タベルナ氏をお迎えしてトークショーとクロージングパーティーを開催致します。
日 時:9月25日(金)19:00スタート (20:30よりクロージングパーティーに移ります)
会 場:ギャラリー冬青
進 行:溝口 剛氏(大学教授)、渡部 さとる氏(写真家)
会 費:1.000円
定 員:先着20名様でうち切らせて頂きます。(現在、残10席です)
申 込:お電話(03-3380-7123)またはメール(gallery@tosei-sha.jp)にてお申し込み下さい。

大口勝弘写真展 “MIZO”今週末開催!

神戸の若手写真家、大口勝弘さんの初個展がGallery TANTO TEMPOで今週末始まります。

彼のいうMicro Landscapeというジャンルは、例えばマクロレンズや内視鏡を使って虫の住む微小な世界を撮影したシリーズがあるように、決して珍しいものではありません。そういうものを見てみたいという興味は、月旅行に行ってみたい、という興味のように普遍的な探求を求める冒険のこころなのかもしれません。

MIZOはその撮影場所から手法、そしてイメージの処理に至るまでとても手数がかかっています。詳しくは写真展にお越しいただいてご確認いただくとして、写真を前に立ってみるといわゆる単純なミクロの世界というふうには見えないのです。隅々まで見渡せる視界の良さや、手を伸ばせば届くのではないかという緻密で微細なMIZOの構造が浮かび上がります。

2015年6月20日から7月26日まで。7月18日午後4時からはアーティストトークが開催されます。

さらに、今回の写真展にあわせてうたかた堂から写真集を出版します。とても美しい仕上がりの写真集となっています。ぜひ写真展にお越しください。

 

初出時トークショーの開催時間を午後5時としていましたが、午後4時の誤りです。訂正してお詫び申し上げます。

Review Santa Feレポート4

Review Santa Feでレビューをした27名のうち、14名が写真集を携えていた。そのうち6名はダミーブック、4名は自費出版、4名が企画出版だったと思う。残りのうち10名もカタログを製作していた。1冊もののダミーブックはさすがに受け取れず、1名は後日六甲山国際写真祭用につくってくれるのを買い取ることにした。2名はオープンポートフォリオビューイング中に実費あるいはディスカウントで買い取った。写真家を支援すると言いながら高い本をタダでいただくことには抵抗があるので、買い取るようにしている。

Santa Fe最終日にはPhoto Eye Book Storeに立ち寄ってきた。従来のBook Storeを閉店し、本来ギャラリーだったところにそっくり引っ越していた。さらに、ギャラリーは昨年からHotel Santa Feという昨年レビュー会場となっていた高級ホテルの敷地内に引っ越していた場所に集約されていた。Photo Eyeの総合ディレクターと声を交わしたが、やはりプリント販売より写真集は勢いがあるようだ。ここでは六甲山国際写真祭用のPhoto Eyeセレクションの参加をお願いしてきた。これはブックストアのディレクターMelanieにイベント趣旨を伝えて例年参加してもらっているものだ。写真集コレクターがよく見ているサイトを巡って情報を収集する方法よりも確実にいい写真集が手に入ると思う。まあどのような写真集が売れているかは、Photo Eyeのサイトなどをみていると確実に見えてくる。Gallery TANTO TEMPOが作った写真集や六甲山国際写真祭のカタログなんかも置いてくれていて面ばゆい気がした。

写真集は未だ勢い衰えることなくどんどん生産されている。あらゆる種類のあらゆるジャンル、そして装丁デザインも欧米は本当に面白い本をコストを度外視してどんどん作っている。僕がそれらの本を面白いと思うのは、逆に日本のそれとは異なったプローチで作られているからだ。製本の方法論が欧米の方が歴史的に深いというのは容易に想像がつく。さらに、クラウドファンディングなどをうまく利用して資金面で充実しているのも理由の一つだと思う。本の綴じ方、表紙のつけ方、活版や型押し、クロスの種類など、国内の製本業がどんどん細っていて方法がしぼんでいく実情に比べると欧米の製本はまだまだ力があるように感じた。国内では作りたいように本を作れない。ダミーブックのワークショップなどでそういった方法を教えているみたいだが、国内の製本も面白いことができるようになれば製本業の勢いを復活させることができるのではないか、などと感じながら面白い写真集を探して歩いた。

写真集を作る理由は様々だが、現状は流行と言っていいほど誰もが写真集を作っている。かつてはいいギャラリーと出会って個展を開くことやコレクターにアクセスすることが目標だったわけだが、現代は写真集製作の垣根が下がって、誰もが写真集の作り方を知っている。イラストレータやIn Designなどの扱いに自信があればデザインや編集など誰にでもできるし、むしろ自由奔放につくることが写真集の価値を生みだしているように思えた。従来、肝心なのは中身だと誰もが考えていたが、写真そのものの力量だけが売り上げを左右するということはこと写真集に限って言えばないように思える。それがいいことかどうかはわからないが、写真がよくコレクターに響くキャッチーな装丁と、紙質やアイデア次第。総合力とでも言おうか。そういう本が売れていくのだ。