GALLERY TANTO TEMPO | “du Portugal, frôlement” Patrick Taberna写真展のご案内
Photography Gallery Based in Kobe JAPAN
photography gallery, gallery, tantotempo, tanto tempo, TANTO TEMPO, Kobe, Japan, Rokko International Photo Festival, UTAKATADO, Photo Book, Photo Book publishing,
21831
post-template-default,single,single-post,postid-21831,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

“du Portugal, frôlement” Patrick Taberna写真展のご案内

“du Portugal, frôlement” Patrick Taberna写真展のご案内

写真家にとって写真を撮ることとは何か。何が写真家をそこに向かわせるのか。

これは写真家にとって最大のテーマかもしれません。

このシリーズは、Patrick Tabernaのその後の独特の写真づくりの原型が随所に見てとれる極めて美しいモノクロームのシリーズです。彼がまだ30代のころ、旅を通じてその感受性の発芽をみながら独特の写真表現を獲得してきたことが写真の中に鮮やかに描かれています。映画やテキストに触発されて訪れた街。そこで見かけた風景。1995年のポルトガルは彼にとって写真家として生きていくことを決意した思い出の場所なのです。みずみずしい感覚が隅々まで行きわたるパトリック・タベルナのポルトガルシリーズをぜひご覧ください。

UTAKATADO Publishingでは、本作をまとめた新作写真集を発表いたします。

2015年9月20日(日)午後4時から作家のトークショー、サイン会およびレセプションを開催します。(参加費¥1,000)

 

同時開催

パトリック・タベルナ写真展 「Nos Italies」
2015年9月4日(金) – 9月26日(土)
=========================
Nos Italies

南イタリア、2000年2月。ナポリの入り江からアマルフィ海岸へ、
ふたりにとって最後の、ふたりだけの旅。
もうじき赤ん坊が生まれるというのに尚、現実の中の日常を遠く離れ感じる脱出の味、その感覚を失いたくないと願う。でもそれは果たして可能なのであろうか。
これから構築していく、まだ見ぬ私たちの人生…。
ナポリからカプリへ、ポジターノから灰に埋もれた都市ポンペイへ。
過去の痕跡と、今ここにある幸せ、そして知り得ぬ未来とが奏でるバラード。
“Nos italies”、それは人生の一つの岸辺から、また新たな岸辺への旅。

Patrick Taberna
=========================

【会 期】
2015年9月4日(金) – 9月26日(土)  11:00 – 19:00
日曜・月曜・祝日 休廊
※ご不便をおかけしますが、9月20日(日) – 23(水)は連休となります。

【会 場】
ギャラリー冬青
東京都中区中央5-18-20
TEL: 03-3380-7123

【イベント】
パトリック・タベルナ氏をお迎えしてトークショーとクロージングパーティーを開催致します。
日 時:9月25日(金)19:00スタート (20:30よりクロージングパーティーに移ります)
会 場:ギャラリー冬青
進 行:溝口 剛氏(大学教授)、渡部 さとる氏(写真家)
会 費:1.000円
定 員:先着20名様でうち切らせて頂きます。(現在、残10席です)
申 込:お電話(03-3380-7123)またはメール(gallery@tosei-sha.jp)にてお申し込み下さい。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.