GALLERY TANTO TEMPO | モダニズムへの道程―― 写真雑誌『白陽』に見る構成派の表現
Photography Gallery Based in Kobe JAPAN
photography gallery, gallery, tantotempo, tanto tempo, TANTO TEMPO, Kobe, Japan, Rokko International Photo Festival, UTAKATADO, Photo Book, Photo Book publishing,
21886
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-21886,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-1.7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

モダニズムへの道程―― 写真雑誌『白陽』に見る構成派の表現

モダニズムへの道程―― 写真雑誌『白陽』に見る構成派の表現

大正期の写真雑誌『白陽』は、神戸で写真館を営み写真家として活動していた淵上白陽(1889~1960)が発刊していた芸術写真誌です。刊行期間は1922年から26年の5年間でしたが、増刊号を含めて、現在43冊が確認されています。当初はピクトリアリズムの芸術写真をおもに所載していましたが、1923年の関東大震災以後、被写体を画面上で幾何学的に表現する<構成派>と称されるモダニズムの表現を志向するようになってゆきます。その意味で『白陽』は、芸術写真の近代化への道程を表しているといえるでしょう。掲載された精緻なコロタイプ刷り図版は、オリジナル・プリントとして世界的に認知されており、日本のコロタイプ技術が、銀塩プリントやフォトグラビア印刷と同等の写真プリント技法として成立していたことを証明しています。

本展では、約90年前、『白陽』が構成派の表現を志向していった時代に掲載されたオリジナルのコロタイプ・プリント約20点を額装展示します。淵上白陽をはじめとする芸術写真家たちの冒険心を、白陽とゆかりの深い神戸の地でご覧いただければ幸いです。

【日時】2016年1月9日(土)~31日(日) ※月・火・祝日休廊

【会場】Gallery TANTO TEMPO

【開廊時間】12:00~18:00

■写真史家・金子隆一氏によるトーク 1月16日(土)16:00から 参加費¥1,000

Date

05/02/2016

Category

2016, Event, Exhibition, Jp, Photography